シャツ・ブラウス

シャツ・ブラウス (ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING シンプルコットン長袖Tシャツ


[シャツ・ブラウスの人気一覧を見る]


(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING シンプルコットン長袖Tシャツ
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING Sov. ロールアップシャツ
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING Sov. スエードスタンドカラーシャツ
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING Sov. オリジナルプリントサテンシャツ
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING オリジナルシルク楊柳オフショルダー7分ブラウス
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING VANILLA CoUTURE ロングスリーブトップス
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING ストレッチシフォンブラウス
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING ダブルジョーゼットフリルシャツ
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING デシンサンディングブラウス
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING ベルベット長袖シャツ
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING VANILLA CoUTURE ポリエステルジョーゼット+チュールブラウス
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING Sov. シルクデシンノースリーブブラウス

宮本百合子 / 明日への新聞

 新聞というものについての考えかたも、それぞれの時代によって大きい変化を経て来ていると思う。
 明治の開化期、日本にはじめて新聞が発刊された時分、それはどんなに新鮮な空気をあたりに息吹かせながら、封建と開化とが奇妙にいりまじって錯雑した当時の輿論を指導したことだったろう。論説を書いた人々は社会の木鐸であるというその時分愛好された表現そのままの責任と同時に矜持もあったことだと思う。或人は熱心に、新しい日本の黎明を真に自由な、民権の伸張された姿に発展させようと腐心し、封建的な藩閥官僚政府に向って、常に思想の一牙城たろうとした。
 元来、新聞発行そのものが、民意反映の機関として、またその民意を進歩の方向に導くための理想をもって始められた「文明国」らしい仕事であった。
 資本も、そんなに大きいものではなかっただろう。記者として働く一人一人が、当時新しく強く意識された人格の独立を自身の内に感じ、自分が社に負うているよりも、自分が正にその社を担っている気風があった。