ファッション小物

ファッション小物 (ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING ラビットファーストスヌード


[ファッション小物の人気一覧を見る]


(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING ラビットファーストスヌード
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING モダールストール
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING ミラクルファー大判ブランケット
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING グラデーションストール
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING SOV.シルクニットストール
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING フリンジ付きチェック柄ストール 6026123
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING モールキャップ
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING ラムレザーグローブ 6035123
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING レースプリントストール
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING ツイードストール
(ダブルスタンダードクロージング)DOUBLE STANDARD CLOTHING エアーカシミアストール 6034023 (オフ)

折口信夫 / 折口といふ名字

折口といふ名字は、摂津国西成郡木津村の百姓の家の通り名とも、名字ともつかずのびて来た称へである。
木津村は今、大阪市南区木津となつた。所謂「木津や難波の橋の下」と謡れた、鼬川といふ境川一つを隔てゝ、南区難波、即、元の難波村と続いてゐる。東は今宮、西は南町と言ふ、かの渡辺で通つた、えた村である。此二つの村との間には、十年前までは畑も見られたが、今は、両方から軒並びが延びて来て、地境を隠して了うた。南町は、関西鉄道の線路敷が高いどてを横へてゐなかつたら、今頃は、名実ともに、百年二百年毛嫌ひを増上させて来た部落と、見わけがつかなくなつたはずである。南町は、事実、木津西浜町・木津北島町並びに、木津勘助町・木津三島町の一部になつて、呼び名の上では、区別はなくなつてゐるのである。村人の考へてゐる昔は、極近いおほざつぱなものである。どこまでが物識りの入れ智慧で、どこからがすなほに伸びて来た物語かは知れぬ。とにかく、木津は島であつた、と言うてゐる。そして其頃から、今の願泉寺と言ふ寺はあつた。浜辺に寺一宇建つてゐる図どりの掛けぢが、今も、かの寺にはあると言ふ。
願泉寺門徒の、石山合戦に働いたことは、人馬講と言ふ願泉寺檀徒の講衆が「西さん」の法会に京へ上ると、他の国々の講衆の一番上席に据ゑられるのでも、証拠だてることが出来ると誇つてゐる。人馬と言ふ名は、此村の真の種姓を、暗に、示してゐる様に思はれる。何にせよ、石山の生き如来の為に、人として馬の様に働いてから、願泉寺衆をかう称へることになつたのださうである。雲雀のやうに大空まで翔り上つて、物見した処から雲雀、顕如上人根来落ちの際、莚帆を蔽うて、お匿し申した為、みしろぼを家名にすることを許された、など言ふ伝へを持つた家が、七軒ある。折口も其一つで、汀にもやうた舟への降り口を、案内申したと言ふので、上人から賜つたおりくちを、家名としたのだと言ふ、